2018年06月06日

千葉県の老舗醤油メーカー『ちば醤油』様のこだわり

話題沸騰『下総醤油』の工場視察をしてきました。

下総醤油 工場

 

創業嘉永7年(1874年)、千葉県の老舗醤油メーカー『ちば醤油』さんに伺いました。

『ちば醤油』様は、テレビや雑誌で数多く取り上げられている『下総醤油』を製造しているメーカー様です。

 

まずは、国産小麦を大きな釜で煎り、窒素含有量の多い国産丸大豆とあわせます(醤油の旨味は、窒素の含有量で左右するそうです)。

下総醤油

それを麹室(こうじむろ)と呼ばれる室温30度、湿度100%の部屋で、3日間かけて麹を作ります。

 

次に、150年以上前から使い続けている木桶でじっくりと発酵・熟成します。円周約10メートル、容積は8000リットルの大きな木桶です。

下総醤油

木桶の中のもろみが、時折ボコッと浮かび上がる姿は、もろみが呼吸しているようです。発酵・熟成を終えたもろみは、圧搾機で丸2日かけて絞ります。

絞り出した醤油を火入れして出来上がりです。

 

芳醇な香りと旨みが特徴な『下総醤油』は、歴史を感じるとともに、メーカー様のこだわりやプライドを感じることが出来ました。