2019年02月19日

SMTS2019in幕張メッセ

10年ぶりの展示会出展です。

ナカダイとしてのブランドや強み、それをカタチにしたPB商品。

『おいしい』を、もっとおもしろく

あの当時とは営業の顔ぶれも変わりました。

 

雪まじりの雨が降る日もありましたが、88,412名と多くの来場者。

 

まずは、今期から力を入れ始めたパンや洋日配の商品を中心に、得意の菓子・珍味をチェック。

地方・地域産品ゾーンのHALL9~11を見るだけで1日費やしました。

 

気になったメーカー様はここ!

  • チーズのようなヨーグルトのような新感覚乳製品「KUJU’S SKYR(クジューズスキール)」を扱う熊本の久住高原果房いずみや

 

  • 15種類のクロワッサン食パンを扱う長崎のパン屋さんKIYOKA MORIMOTO

  • 3種類の国産ドライフルーツ(とりわけ紀州南高梅がおいしかった)を扱う紀南農業協同組合

その他既存の協力メーカー様も多数出展されてました。

石井フードプランニング様、宝食品様サンプルお持ちいただきありがとうございました。

そして、いざ自分たちの出展では。

地方創生ブースに出展(ブース代が安かった)したものの、集客に苦戦しました。

ケチケチしちゃいけないですね。

既存のお得意先様からも厳しいご意見いただいております。

来年は皆様のご期待にこたえられるように頑張ります。

反省ばかりではありますが、得るものもありました。

自分たちが作ったPB商品を見て、新規のお得意先様が「おもしろいね」と言っていただける。

競合の同業他社が興味をもって立ち寄ってくれる。

商品作りは期待と不安が交錯しますが、周りの声は自信つきますね。

ありがとうございます。

一番評価が高かった商品はこれ!

「トースターで焼いてもおいしい焼チーズ」

商品サイズによるインパクトもさることながら、シズル感たっぷりのチーズの焦げ目、販売を意識したフック穴付き、今どきのネーミングとパッケージデザイン、そして何より味です。

商品名は「トースターで焼いたほうが・・・」のほうが良かったのではと思うくらい、焼いて食べるとおいしいです。糖質OFFの方にも、ピザ代わりにおすすめです。

 

今後もさらなるPB商品作り、おもしろい商品の仕入れを推し進め、来年のSMTSは必ずやリベンジします。

宜しくお願いします。